ウェブカメラを使うならマイクセットも一緒に!おすすめの商品も紹介

ウェブカメラを使うならマイクセットも一緒に!おすすめの商品も紹介

動画配信とか始めてみたいけど、ウェブカメラだけで、機材は大丈夫なのかな?

配信者の人たちは、やっぱりマイクセットを使っている人が多いし、買ったほうがいいのかな?

ウェブカメラのマイクだけだと、配信するには少し不利かもしれません。

配信をする場合、音声はとても重要なので、マイクセットは購入しておいたほうがいいと思いますよ。

私もウェブカメラを使っていて、マイクセットが必要だなって思うときがあるからです。

マイクセットを使うと、悩みも解決できると思いますよ。

今回の記事でわかること

  • マイクセットを使ったほうがいい理由がわかる
  • ウェブカメラを使うときに、おすすめのマイクセットがわかる
  • マイクセットに相性のいいウェブカメラがわかる

ウェブカメラを使うならマイクセットも一緒に!

マイクセット・ヘッドセットも、一緒に購入したほうがいいですよ。

ウェブカメラの内蔵マイクだけでは、不便なことが多いからです。

不便な点は、以下の通りです。

  • 内蔵マイクの音量は小さい
  • マイクのせいで、動画をみてもらえない

1つずつ解説していきます。

ウェブカメラの内蔵マイクは音量が小さいものが多い

音量が小さいと、話している相手に声が聞こえないからです。

私は以前、LogicoolのC920nを使っていました。

C920nの音質は、専用のマイクを使ったほうがいいなと感じました。

マイクが内蔵されていても、音量が小さくて不便なことがあるので、マイクセットは必要だと感じました。

マイクのせいで、動画をみてもらえないことも

ノイズを拾ってしまったり、周りの雑音も拾ってしまうと、視聴者にストレスを与えてしまうからです。

ライブ配信やゲーム実況をしていても、話している内容が入ってきません。

自分の言いたかったことが、相手に伝わらない可能性も。

せっかく動画を作っているのに、もったいないですよ。

マイクセットを購入すれば、今までよりも音声をしっかりと伝えることができます。

専用のマイクセットであれば、

  • ノイズキャンセリング
  • エコーキャンセリング
  • オートゲインコントロール

の機能が搭載されているものもあります。

マイクセットを使うことで、動画も見やすくなって視聴者も増える可能性が上がります。

購入するときのポイント

動画配信をするのであれば、しっかりと音声を拾ってくれるものを選びましょう。

ライブ配信では、せっかく面白いことを言ったにも関わらず、マイクに声が入っていなかったら意味がないからです。

  • マイクは角度・距離が調整ができるもの
  • 全指向性マイク

のマイクセットがいいでしょう。

2つ条件が満たされていれば、しっかりと音を拾ってくれます。

おすすめのマイクセット・ヘッドセットを紹介

Uervoton USBマイク PC用マイク

出典元:amazon公式サイト
  • 接続方法:USB接続
  • 指向性:全指向性マイク
  • 価格:2,999円
  • 対応機種:Windows・Mac

USB接続で、PC・PS4に接続するだけで使うことができます。

全指向性マイクのため、360°集音が可能。

入力音量調節ボタンがついているので、配信中にも素早くボリュームを変えることができます。

デジタル処理チップが内蔵され、ノイズとエコーを低減して、クリアな声を届けることができます。

Skypeにも対応しているので、仕事で使う人にも役立つ商品です。

PS4にも接続可能なため、ゲーム実況で使う人にピッタリな商品になります。

サンワサプライ MM -HSUSB 16W

出典元:amazon公式サイト
  • 接続方法:USB接続
  • マイク:ステレオ
  • 指向性:全指向性
  • 価格:1,461円
  • 対応機種:Windows・Mac

アームマイクになっているため、自由に角度を調節することが可能。

さらに、マイクのバンドの部分も長さの調節はできるので、あなたにしっかりとフィットするマイクセットになっています。

ボリューム調節も手元で、簡単に行うことができます。

USB接続のため、パソコンのノイズを影響が受けにくいです。

そのため、ストレスなく音声を伝えることができます。

LogicoolのBLUETOOTHワイヤレスヘッドセット

出典元:amazon公式サイト
  • 接続方法:Bluetooth接続・USB-A対応
  • 指向性:全指向性
  • 価格:8,567円
  • 対応機種:Windows・MacのOS・Chrom OS

Bluetooth対応のヘッドセットになります。

フル充電で、6時間連続で使うことが可能。

USB -Aレシーバーを使うことで、充電しながらも使うことができます。

ノイズキャンセリングマイクと、フレキシブルにマイクの調整が可能。

雑音を減らすために、調整をすることができます。

パッド付きのヘッドバンドになっているため、長時間使っても、耳が痛くなりません。

ゲーム実況するのであれば、プレイ時間が長くなっても、疲れが軽減されます。

ヘッドセットは、折り畳めるので、持ち運びに便利です。

SONYのWI -C200

出典元:amazon公式サイト
  • 接続方法;Bluetooth
  • 価格:3,872円

フル充電により、連続で15時間使うことができます。

長時間使えるので、充電の心配もしなくて大丈夫です。

音量も手元ですぐに変更することができます。

通話機能には、

  • エコーキャンセレーション
  • ノイズサプレッション
  • サイドトーン

機能が搭載され、クリアな音声を相手に届けることができます。

イヤホンマイクのため、普段の軽い運動をするときにも、使うことができる商品です。

私も、WI -C200を使っているのですが、接続が簡単ですぐに使えることが嬉しいところです。

ワイヤレスなので、デスク周りもスッキリして、配信も快適に行うことができます。

マイクセットを購入するなら一緒にウェブカメラも

最初に説明したように、ウェブカメラの内蔵マイクは音量が小さいものが多いです。

しかし、今回は内蔵カメラのマイクが優秀なウェブカメラも紹介します。

マイクセットを購入しなくても、十分に使えるウェブカメラです。

RAVOLTA ZOOM C1000

画面の明るさ、音質ともに、ZOOMやSkypeに最適ウェブカメラです。

私も使ってみたのですが、C920nと比べて見ると、マイクの感度が全く違うと感じました。

通話をしていても、はっきりと相手に声を届けることができます。

解像度も1080p/30fpsになるので、高画質な動画を配信することができます。

配信者にも、おすすめのウェブカメラです。

マイクセットを購入しようとしている人は、ZOOM C1000の購入も検討してみてはいかがですか

価格は6,800円と、ウェブカメラの中でも高い商品ではありません。

ZOOM C1000を購入すれば、マイクセットも購入しなくて大丈夫です。

購入をお考えの方は、こちらから。

まとめ

今では、マイクセットでも、ヘッドセットタイプやイヤホンタイプでも、マイクとして使うことができます。

自分がマイクセットを使う環境・シーンに応じて、マイクセットを選ぶようにしましょう。

6.マイクについてカテゴリの最新記事