マイクロソフトのウェブカメラをまとめてみた!

マイクロソフトのウェブカメラをまとめてみた!

ウェブカメラを購入しようと思うけど、やっぱりLogicoolのウェブカメラを使っている人が多いみたい。

でも、自分は他の人とは違うウェブカメラが欲しいな。

Logicoolの他に、いいウェブカメラってないかな?

みんなが使っていると何となく安心できますよね。

でも「他の人とは違うものを使いたい!」って気持ちもわかります。

Logicoolのウェブカメラは確かに人気ですけど、マイクロソフトでもウェブカメラを販売していますよ。

マイクロソフトのウェブカメラは、Logicoolを使っている人と比べると、少ないので他の人とかぶることもありません。

今回の記事でわかること。

  • マイクロソフトのウェブカメラがわかる
  • マイクソフトのウェブカメラの特徴がわかる
  • マイクロソフト意外のみんなが使っていないウェブカメラもわかる

マイクロソフトのウェブカメラをまとめてみた!

LifeCam Studio Q2F -00021

解像度、1080p HDセンサーを搭載。

720pのHDのビデオ品質。

10cmから対応するオートフォーカス機能で、どんなものもしっかりと撮影することができます。

True Colorが採用され、どんな照明条件でも色鮮やかな映像を再現。

さらに、ClearFrameテクノロジーでスムーズでキメ細かいビデオ撮影が可能。

内蔵 HiFiマイクを使用することで、クリアな音声を相手に届けることができます。

amazon公式サイトより、7,440円で販売。

LifeCam HD-3000 T3H-00019

明るく鮮明な映像が撮れる、高画質HD 720p対応のウェブカメラです。

撮った映像を、そのままSNSに投稿することができます。

amazon公式サイトより、2,541円で販売されています。

LifeCam Cinema H5D-00020

ワイドスクリーンに対応した、HD720pのウェブカメラ。

メカニカルオートフォーカス機能が搭載され、人物・物にしっかりとピントを合わせてくれます。

カメラが左右に180°ずつ回すことができるため、固定したままでも360°周囲を映すことができます。

amazon公式サイトから、4,500円で販売されています。

LifeCam Studio Q2F-00008

16:9のワイドスクリーンに対応。

全方向から声を拾うことができる、広帯域マイクを内蔵。

レンズ部分は6つのうち2枚ガラスを使用。

そのため、直接光が当たっても色彩鮮度が落ちない反射防止コートの高品質レンズになります。

TrueColorテクノロジーにより、明るい場所・薄暗い場所でも、色彩が豊かな映像を再現。

クリアフレームテクノロジーにより、動きの滑らかな映像を再現することができます。

amazon公式サイトより、12,000円で販売。

マイクロソフトのウェブカメラの特徴

360°周囲を見渡すことができる

マイクロソフトのウェブカメラは、カメラ本体が左右に180°動かせるものが多いです。

カメラの方向調整を広範囲でできるため、かなり便利です。

(視野角とは別の話になるので購入するときは気をつけましょう。)

Windowsのみに対応

マイクロソフトのウェブカメラは基本的に、Windowsにしか対応していません。

そのため、MacユーザーやAndroidをお使いの方は、使うことができません。

購入した後に、「使えない!」とならないように気を付けましょう。

マイクロソフト以外のウェブカメラを紹介!

今から紹介するウェブカメラは、マイクロソフトやロジクールのように、有名なメーカーではありません。

しかし、2社のウェブカメラと見比べても遜色のないスペックの商品なので、紹介させていただきます。

RAVOLTA ZOOM C1000

解像度:1080p /30fps

iPhone X・iPhone 8よりも高性能なCMO2.7型センサーを使用されているため、映像をキレイに映すことができます。

USBケーブルをパソコンに差し込むだけで、セットアップOK。

初めてウェブカメラを使用する人でも、簡単に使うことができます。

対応可能なOSも、幅広いので誰でも安心して購入ができます。

  • 三脚
  • テーブル
  • モニター

の上に設置することが可能。

使うシーンに応じて、設置する場所も変えることができます。

レンズカバーが付いているので、万が一カメラを止め忘れたとしても、映る心配はありません。

視野角:90°

ビデオ通話する際に、部屋の面積もあまり広く映ることはないので、仕事で使うのにも最適なウェブカメラになります。

今すぐ購入したい方はこちらから。

まとめ

マイクロソフトのウェブカメラは、対応しているOSが少ないので、使える人は限られてきます。

他にもHDの720pの解像度のものが多いため、仕事で使うときに少し不便なところがあるかもしれません。

RAVOLTA ZOOM C1000であれば、フルHDで幅広くOSに対応しているので、どなたでも便利に使うことができます。

RAVOLTA ZOOM C1000を使えば、みんなと違うウェブカメラを使うことができますよ。

RAVOLTA ZOOM C1000公式サイトはこちらから。

6.マイクについてカテゴリの最新記事