ウェブカメラおすすめ!【高画質】でテレワークにも便利

ウェブカメラおすすめ!【高画質】でテレワークにも便利

リモートワークになったけど、打ち合わせするときにパソコンやスマホのカメラだと見づらいなぁ。
ウェブカメラが欲しいけど、たくさんあるみたいだし、どれを買えばいいのかわからない…。

今回の記事では、いまおすすめされているウェブカメラについて紹介していきます。

ウェブカメラとは?

ウェブカメラとは、パソコンに接続してビデオ通話をより快適に使うことができる小型カメラです。
主にリモートワークでの打ち合わせや会議、動画配信をする人が使われています。
最近では、流行のオンライン飲み会でウェブカメラを使う人も増えてきています。


ウェブで使えるカメラのことです。

ウェブカメラって必要?

ウェブカメラは、今後必要になってくるものになります。
現在リモートワークもすすみ、仕事での打ち合わせなどに使用する人も増えてきているからです。
今後はさらにリモートワークがすすむと予想されているので、ウェブカメラは必須アイテムとなります。

ウェブカメラを選ぶときのポイント・用途別

ウェブカメラは、種類もたくさんあります。
自分がどのように使うのかが、選ぶポイントに大きく関わってきます。

仕事での会議・打ち合わせで使用する人

仕事での会議や打ち合わせでは、綺麗な映像と安定した音声であることが、重要になってきます。
しかし安定した音声を必要とする場合、ウェブカメラ以外にもイヤホンやマイクなどを購入する必要があるからです。
仕事で効率よくすすめるためには、パソコン周辺は少ないほうが良いですよね?
マイク内蔵型の、ウエブカメラをおすすめします。
マイク内蔵型だと、ウェブカメラ1台で済むのでデスク周りもすっきりして仕事がはかどります。

視野角は、広いほうが便利です。
参加人数が多いときの会議では、視野角が広いほうが多くの参加者が映れるからです。
視野角が広い、ウェブカメラをおすすめします。

動画配信で使用する人

動画配信で使う人は1番、画質を重要視しましょう。
ウェブカメラの画質が悪いと動画のクオリティも落ちてしまい、見ている人も疲れてしまいます。
動画配信で使う人は、画素数と解像度の高いものを選びましょう。
視野角は、動画に出演する人数によって選びましょう。
1人で撮影する場合は、視野角があまり広くないウェブカメラで大丈夫です。

ウェブカメラの注目ポイント・スペック別

画質

ウェブカメラの解像度は、720pや1080pが多いです。
解像度は、数値が高いほどクリアに写ります。
画質をクリアに見せたい人は、解像度の高い1080pのものを購入しましょう。
解像度と一緒に書かれている「fps」(フレームレート)にも注目です。
fpsは数値が高いほど、滑らかな映像になります。
どちらも数値が高いほど、より綺麗な映像になるので注目して見てください。

視野角

視野角はカメラが写す範囲のことです。
一般的なウェブカメラの視野角は、75°程度です。
モデルによっては、150°まで映せる広範囲のカメラもあります。
しかし、広範囲で映せるものが良いかと言われると少し違ってきます。
リモートワークで家で使う人などは、広範囲で映ってしまうと部屋など、プライベートなところも見えてしまうからです。
視野角は、自分の用途に合わせて購入することをおすすめします。

おすすめウェブカメラは?

RAVOLTA ZOOM C1000になります。
なぜなら、高画質で音声も聞き取りやすいからです。

簡単なスペックは以下の通りになります。

  • フルHD画質(最大解像度:1080/30fps)
  • イヤホン不要の高感度マイク
  • 視野角:90度
  • 値段:6800円

C1000 購入はこちらから

他のウェブカメラと比較

RAVOLTA ZOOM C1000だけだと、性能がわかりずらいと思った方もいるでしょう。
他のウェブカメラと比較することで、わかりやすくなると思うので解説していきます。

Logicoolの270n

RAVOLTA ZOOM C1000の大きな違いは、以下の通りになります。

  • 最大解像度:最大解像度: 720p/30fps
  • 視野角:60度
  • 値段:2310円

1番の違いは画質です。
C1000は1080pに対して、270nは720p。
C1000のほうが綺麗に写ります。
画質は、できるだけ良いのを使いましょう。
仕事で使うなら、相手の顔がはっきり見えたほうがいいからです。
顔がはっきり見えたほうが打ち合わせもしやすいことで、仕事もスムーズにすすみます。
ウェブカメラを買うのであれば、画質が良いのをおすすめします。

270nの魅力は、値段が安いことです。
ウェブカメラの中でも、手軽に買えることが人気と思われます。

しかし値段は270nのほうが安いですが、C1000をおすすめします。
なぜなら、C1000のほうが高性能だからです。
少し高いですが、良い仕事をするためには便利な道具を使ったほうが生産性が上がります。
ウェブカメラは、消耗品ではないのであまりケチらないで選びましょう。

C270 購入はこちらから

LogicoolのC920n

RAVOLTA ZOOM C1000との違いは、以下の通りになります。

  • 視野角:78度
  • 値段:9900円

C1000とC920を比較すると、スペック的にはあまり違いはありません。
C920はYouTubeでもレビューしている人が多く、スペックも高い人気のウェブカメラになります。
実際、私も以前C920のウェブカメラ2年以上を使っていました。

しかしC1000を使ってみて比較すると、C1000のほうがカメラの明るさ、マイクの音声の感度が良いことに気付きました。
とくに、音声に関しては全然違います。

値段に関してはC1000のほうが安いですし、スペックもあまり変わらない、むしろ良いくらいです。
同じ性能なら、安いC1000をおすすめします。

C920n 購入はこちらから

今おすすめするウェブカメラはRAVOLTA ZOOM C1000

今ウェブカメラの購入を考えている人は、RAVOLTA ZOOM C1000をおすすめします。

理由は以下の通りです。

  • C270と比較した場合、高スペックだから。
  • C920と比較した場合、スペックは変わらないが値段が安いから(むしろスペックは上)。

リモートワークをする人にとっては、ウェブカメラは非常に大事な仕事の道具になっていきます。
今回は、おすすめウェブカメラを紹介しました。
RAVOLTA ZOOM C1000を早速購入して、バリバリ仕事をこなしていきましょう!

C1000 購入はこちらから

2.ウェブカメラおすすめカテゴリの最新記事